[園芸・アウトドアの本のページへ戻る]
タケ・ササ総図典

内村悦三 著

定価3,024円(本体2,800円+税)
2014年11月14日発行
A5判・272頁
ISBN 978-4-88340-294-6 C0645




 日本人の暮らしの節目などで親しまれ、植栽されてきたタケ・ササ。近年、放置竹林がはびこる一方で、足もとの未利用資源として再び着目されはじめている。そこで、タケ・ササの種類ごとに生態、特徴、用途を写真と文でわかりやすく解説する。国内のタケ・ササの代表的な種類、外国の熱帯性タケ類などを加え、約240種を集大成したカラー版図鑑。

<本書の四大特徴>
◆ 日本に自生するタケ・ササに外国種を加え、約240 種を収録。
◆ 温帯性タケ類(単軸型)、温帯性ササ類(単軸型)、熱帯性タケ類(連軸型)などに分け、生態・特徴・用途を解説。
◆ 各種類ごとに属名、学名、和名、分布、特徴、用途欄などを設け、詳述。
◆ フィールドに必要な知識として、タケ・ササの分類、命名者、生態と生理、栽培と管理、
病虫害、利用法、部位の名称、簡易検索表などを集成。


[主なもくじ]
第1部 温帯性タケ類の生態・特徴・用途
第2部 温帯性ササ類の生態・特徴・用途
第3部 熱帯性タケ類の生態・特徴・用途
第4部 外国の熱帯性タケ類の生態・特徴・用途
第5部 タケ・ササ類のフィールド知識
ほか
▲ページのトップへ

copyright(c)2011 soshinsha.all rights reserved.